新型コロナウイルス感染症情報(隔離期間の短縮及びウランバートル市以外 の県に対する警戒態勢の実施状況について)

海外安全情報

非常事態委員会は、昨日9日、現在発令されている「全国警戒態勢」について、12月14日以降、ウランバートル市の警戒態勢のレベルを1段階下げて「高度警戒準備態勢」に変更する旨を発表しました。
これと関連し、モンゴル政府は、10日、入国者等に対して課せられる隔離措置の期間やウランバートル市以外の県に対する警戒態勢の実施状況について、次のとおりを発表しました。

●災害防止法に基づき、ウランバートル市、セレンゲ県及びアルハンガイ県における全国警戒態勢(※)の実施期間を12月14日午前6時まで延長する。 (※災害防止法は警戒度の高い順に、1非常事態、2全国警戒態勢、3高度警戒準備態勢の三段階を定めている。)
●災害防止法に基づき、アルハンガイ県バトツェンゲル群、セレンゲ県アルタンボラグ群及びスフバートル群における全国警戒態勢の実施期間は12月21日午前6時まで延長する。
●ウランバートル市及びその他の県(アルハンガイ県バトツェンゲル群、セレンゲ県アルタンボラグ群及びスフバートル群は除く)に対する全国警戒態勢を12月14日午前6時から12月31日までの間、高度警戒準備態勢に移行する。 ●指定施設(ホテル等)における隔離期間を21日間から14日間に短縮する。また、同隔離期間後は7日間の自宅隔離を課す。

在留邦人及び邦人短期渡航者の皆様におかれましては、報道、当館ホームページ及び領事メール等により、関連情報の収集に心がけていただくとともに、一部SNS等では不正確な情報が発信されることもありますので、ご注意していただきますようお願い申し上げます。

【問い合わせ窓口】
在モンゴル日本国大使館 領事・警備班
EMBASSY OF JAPAN IN MONGOLIA
C.P.O. Box 1011
Elchingiin gudamj 10, Ulaanbaatar 14210, Mongolia
電話:(976)11-32077 開館時間:9:00-13:00, 14:00-17:45
FAX:(976)11-31332 メール:consul-section1@ul.mofa.go.jp
休日・夜間の緊急連絡先:(976)7004-5004

タイトルとURLをコピーしました