邦人被害の強盗事件発生について

海外安全情報

● キンシャサ市内にて邦人が被害となる強盗侵入事件が発生しました。
● 就寝中は自宅施錠を徹底し、二重ロックなど考え得る最善の防犯対策をお願いします。
● もし被害にあった場合には抵抗することなく、犯人の要求に従い身の安全を確保するようにお願いします。

1 キンシャサ市内で邦人被害の強盗事件が発生しました。状況は以下のとおりです。
 ● 日時 9月22日(水)午前2時から午前3時頃の間
 ● 場所 キンシャサ市レンバ地区
 ● 被害品 現金、スマートフォン数台、貴金属等
 ● 状況
被害者が自宅で就寝中、何者か男数人が自宅ドアの施錠と南京錠を破壊し、自宅内に侵入。被害者は、斧やなたのような刃物を突きつけられ「金を出せ」等と脅迫されたことから、自宅内にあった現金や携帯電話等を犯人に手渡した。その後も犯人らは、金目の物を探し室内を物色した。 当日は旅行の計画などから、自宅内にはいつもより多くの現金が保管されており、多額の被害となった模様である。
被害者は、犯人の要求に従い抵抗をしなかったことから、大きなケガ等もなく、数十分後には犯人は逃走している。

2 今回の被害発生を受け、以下の点に改めてご留意ください。
 ● 就寝中は自宅のすべての施錠を徹底する。可能な限り、二重ロックや鉄扉など破壊されにくい素材や防犯面で容易に侵入されない環境にする。  ● 自宅での現金保管は、必要最小限の額にし、金庫や施錠ができる場所に保管する。
 ● 金品を要求された際、抵抗すれば身体的被害を負う可能性が高いため、犯人の要求には素直に従うとともに、犯人を刺激するような急な動きはしない。  ● 緊急時は、安全が確保できる場所にまず避難し、当館領事班、当地警察等に連絡をする。
 ● その後の捜査のため、被害日時、状況、被害金品などをメモしておく。

(本件担当)
在コンゴ民主共和国日本国大使館
領事担当 浅井(+243 81 880 5912)
     松原(+243 81 514 6605)

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を変更・停止したい方は,以下のURLから手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth(変更)

(停止)

タイトルとURLをコピーしました