新型コロナウイルス感染症:追加措置公表(3月26日発表)

海外安全情報

〇昨26日(金)、セマナ・サンタ(大型連休)における新型コロナウイルス感染症への対策として、追加措置が官報にて発令されました。

〇主な変更点は、各商業施設・店舗、ショッピング・モール、レストランなどの営業時間の短縮です。

○本措置の適応される期間は明記されていません。

 昨26日(金)、当国保健省はセマナ・サンタ(大型連休)を目前に、感染状況が悪化していることに伴い、規制措置暫定令を発出しました。これまでとの変更点を以下記載します。なお本措置の適応される期間は明記されていません。

◆市 場
・営業時間
 06:00−19:00(これまでは、05:00-19:00)

◆ショッピング・モール、各種店舗・商業施設(Plazaなど)、スーパーマーケット、コンビニ、商店・食料雑貨店
・営業時間
 21:00まで(これまでは、アルコールの提供時間に制限はあるものの、通常営業)
・各施設(スーパーマーケット、コンビニ、商店・食料雑貨店に適応)の収容可能人数
 50%を上限とする(これまでは、各市の感染者数割合別(赤・橙・黄・緑)に決定)

◆レストラン、バー、夜の娯楽施設
・営業時間
 21:00まで(これまでは、レストランは通常営業)

◆海、湖、川、公園のような観光地・観光施設
・利用可能時間
 21:00まで(これまでは制限なし)
・立ち入り可能人数
 上限を100人とする(これまでは、各市の感染者数割合別の赤・橙の場所のみ100人の上限規制)
※管轄する市長は海、湖、川、温泉へのアクセスを制限する事が可能

◆イベント
・市町村・地域での祝賀行事祭り
 21:00まで(これまでは、制限なし)
・私的なパーティーなど
 21:00まで(これまでは、制限なし)
・道や海でのコンサートや大規模なイベント
 管理当局の許可の下、21:00まで(これまでは、制限なし)

◆宗教施設や教会
・利用時間
 21:00まで(これまでは、制限なし)
 
◆標識の掲示義務
・人々が出入りする全ての場所の入り口に、収容人数を示す標識(30cm×20cm)を掲示
・各市は市の入り口にアラート信号システムに則した警戒レベルを記載した標識(2m×5m)を掲示(レベル更新ごとに変更すること)

 グアテマラ政府は、新型コロナウイルス感染症の第三波の危機に直面していると発表しています。今後も政府の公式発表を注視するとともに、引き続き感染予防に努めて頂くようお願いします。

 このメールは、「在留届」および「たびレジ」に届けられたメールアドレスに自動的に配信されています。

在グアテマラ日本国大使館
電話:2382-7300(代)

タイトルとURLをコピーしました