【新型コロナウイルス】QLD州政府、「ワクチンプラン(今後の入州 規制の緩和計画)」を発表

海外安全情報

●10月18日(月)、クイーンズランド(QLD)州政府が「ワクチンプラン」を公表し、今後の入州規制の緩和計画を発表。
●規制の緩和は段階的(3段階)に、QLD州内のワクチン接種対象者の2回接種者の割合に応じて実施予定。

 10月18日(月)、QLD州政府は、今後、2回のワクチン接種を終えた人の割合に応じて、段階的に入州規制を緩和する計画を発表しました。 なお、下記はあくまで計画であり、日程、内容につきましては、今後の発表等を御確認ください。

(1)2回接種者が70%に達した時点(11月19日(金)目標)
【他州からQLD州への入州】
 過去14日間以内に州外感染多発地域に滞在した場合でも、以下の条件を満たす場合はQLD州に入州可能となる。
・2回のワクチン接種を終了している
・空路で入州する
・72時間以内のCOVID-19検査での陰性確認
・14日間の自宅隔離の実施

【海外からQLD州への入州】
 海外からQLD州へ直接入州する場合は、QLD州政府が指定する施設で14日間の隔離を終えなければならない。
 また、海外から他州を経由してQLD州に入州する場合は、オーストラリアに入国してから14日間は、QLD州政府が指定する施設で隔離しなければならない。

(2)2回接種者が80%に達した時点(12月17日(金)目標)
【他州からQLD州への入州】
 過去14日間以内に州外感染多発地域に滞在した場合でも、以下の条件を満たす場合はQLD州に入州可能となる。
・2回のワクチン接種を終了している
・空路及び陸路のどちらも可
・72時間以内のCOVID-19検査での陰性確認
・隔離不要
【海外からのQLD州への入州】
 海外からQLD州へ直接入州する場合は、2回のワクチン接種を終えており、72時間以内のCOVID-19検査で陰性の場合は、自宅での隔離が可能。条件を満たさない場合、QLD州政府が定める海外からの入州者数の制限枠の対象となり、かつ、指定する施設で14日間の隔離を行わなければならない。

(3)2回接種者が90%を超えた時点
・2回のワクチン接種を終えている場合、入州規制及び隔離が無くなる。
・2回のワクチン接種を終えていない場合、QLD州入州証の取得、1日あたりの入州者数の制限、14日間の隔離の実施が必要となる見込み。

〇本件に関する最新情報はQLD州政府HPを御覧下さい(英文のみ)。
https://statements.qld.gov.au/statements/93541

〇本件に関するパラシェ州首相のツイッター
https://twitter.com/AnnastaciaMP/status/1449931550053715973

同ツイッターにある「ワクチンプラン(Queensland’s vaccine plan)」の当館仮訳
https://www.brisbane.au.emb-japan.go.jp/downloads/COVID19/20211018%20Queensland%20Vaccine%20Plan.pdf

 このメールは、在留届にて届けられたメールアドレスおよび「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。 <問い合わせ先>
在ブリスベン日本国総領事館住所:Level 17, 12 Creek Street, Brisbane, QLD 4000 電話:07 3221 5188 / FAX 07 3229 0878
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下の URLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
 また、「たびレジ」は日本国籍の無い方でも登録可能ですので、本メールの受領を希望する方には、是非「たびレジ」登録をご案内下さい。 (良くある質問)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/faq.htm

タイトルとURLをコピーしました