降雨による黄色警報等の発令(5月29日)

ホンジュラス

・緊急事態対処常設委員会(COPECO)は,本日(29日),フォンセカ湾南西に停滞する低気圧の影響で,5月30日(土)午後から6月2日(火)午前まで降雨が続く可能性があり,各地で地滑りや土砂崩れのおそれがあるとして,ホンジュラス全県に対し黄色警報若しくは緑警報を発令し注意を呼びかけています。 ・最新の気象情報の入手に努め,警報等に従って安全確保に努めて下さい。

COPECO(緊急事態対処常設委員会)が発令した警報概要は以下のとおりです。

1 警報の概要
(1)警報発令地域
ア 黄色警報(5月29日午後3時から72時間)
コパン県,オコテペケ県,レンピラ県,インティブカ県,ラパス県,コマヤグア県,フランシスコモラサン県,エルパライソ県,チョルテカ県,バジェ県 イ 緑色警報(5月29日午後3時から72時間)
黄色警報が発令されている県を除く全県
(2)警報内容
降雨による地滑りや土砂崩れのおそれ
(3)警報の種別等について
警報には,最も警戒を要するものから順に,赤色,黄色,緑色があります。また,警報は発令時間が延長,発令地域が拡大されることがあります。

2 お願い
最近の降雨の影響で,地滑りや土砂崩れ,河川の氾濫や決壊が発生しやすい状況となっています。増水した河川,用水路等には決して近づかない等十分注意し,外出時は,テレビやインターネット等を通じて,最新の気象・交通情報の入手に努め,移動する際には,交通手段・経路を今一度ご確認いただき,警報等に従って安全確保に努めて下さい。 大雨等により被害に遭われた方,邦人の方が被害に遭われたとの情報に接した方は,当館までご連絡ください。

3 参考ウェブサイト
COPECOホームページ:http://copeco.gob.hn/

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在ホンジュラス日本国大使館
住所:Col. San Carlos, Calzada Rep. Paraguay, Tegucigalpa, M.D.C., Honduras, C.A. 電話:2236−5511
国外からは(国番号504)2236−5511
緊急の場合:9970−0558
Email:ejh-ryojibu@te.mofa.go.jp

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました