バングラデシュにおける新型コロナウイルス(海外投資家及びビジネス関係 者に対する当地オンアライバルビザの発給再開について)

海外安全情報

 バングラデシュ外務省は6月14日,海外投資家及びビジネス関係者に対する当地オンアライバルビザの発給を再開すると発表しました。

 バングラデシュ外務省によると,海外投資家及びビジネス関係者に限り,当地オンアライバルビザを発給するとのことです。オンアライバルビザの申請時には,これまでの必要申請書類に加え,渡航前72時間以内に取得したPCR検査で新型コロナウイルス陰性であることが記載された英訳付きの診断書,投資・ビジネス目的を立証する書類が必要です。具体的な申請書類については,在日バングラデシュ大使館にお問い合わせください。  また,バングラデシュ政府は,コロナ感染国からの入国者に対しては,当地入国後,2週間の自主的な隔離措置(自宅待機等)を要請しておりますので,ご留意ください。  
 このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

■在バングラデシュ日本国大使館領事班
〇執務時間内(日〜木曜日 9:00〜17:45)※窓口業務は17:00まで
 大使館(代表)880−2−984−0010
〇執務時間外(日〜木曜日の上記時間以外並びに金・土曜日及び祝日)
 緊急電話880−961−099−8492
※「たびレジ」簡易登録をされた方で,メールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願い致します。
 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました