車両通行制限の継続及び制限緩和措置ついて

海外安全情報

6月18日の記者会見においてサラス保健大臣は,6月20日以降の車両通行制限の継続,各種の制限緩和措置を以下の通り発表しました。

1 現行の車両通行制限の継続
 7月10日まで,現行の車両通行制限を継続することを発表しました。平日及び休日における規制の内容は現在の規制と同様です。  
2 各種の制限緩和措置の追加
(1)店舗の週末営業(利用者を50%以下に制限)
(2)ミサ等宗教関係の集会(収容人数を50%以下に制限し,最大人数は75名まで)
(3)映画館,美術館,博物館の週末開館(チケット事前購入,利用者を50%以下に制限)
(4)ビーチの開放時間延長(毎日午前5時〜午前9時30分まで)

3 オレンジアラート対象地域における規制は引き続き継続される。

【お問い合わせ先】
在コスタリカ日本国大使館 領事班
Tel:(506)2232-1255 Fax:(506)2231-3140
E-mail:embjapon@sj.mofa.go.jp
URL:http://www.cr.emb-japon.go.jp/japones/index-j.htm
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました