西ケープ州の感染状況等について

海外安全情報

●西ケープ州がより詳細な発生地域を発表しました。
●治安情勢を記載します(N2で投石が発生しています)。
●家事手伝い人等との接触に気を付けてください。

1.西ケープ州保健局は、同州での新たな感染者が494(昨日784)名増の累計94691名、新たな死亡者は35(昨日30)名増の累計3105名と発表しています。 https://coronavirus.westerncape.gov.za/news
また、7月24日付のより詳細な発生地域が発表されました。
ご自身がお住まいの地域、ご自身や家族が接触する家事手伝い人等の居住地域も増加していると思いますので引き続き油断せず行動してください。
https://coronavirus.westerncape.gov.za/files/atoms/files/Western%20Cape%20Covid-19%20cases.suburb%20level.24%20July%202020.pdf なお、南ア全体では、感染者511485名(8195名増)、死亡者8366名(213名増)です(州の発表と国の発表に誤差があります)。 4日連続で新規感染者が1万名以上となり累計感染者数は50万人を突破しました。
https://sacoronavirus.co.za/

2.帰還臨時便について
国境閉鎖継続の中、例外的に可能とされる帰還便での帰国を希望される方は7月30日14:50の領事館からのメール2.をご参照下さい。
なお、ネット上に定期商業便を掲載している場合があるのでご注意下さい(定期商業便は実際に就航する可能性はほぼゼロ%であるも形式的にネット上に掲載されており、政府が国境閉鎖を解除するまでキャンセルされ続けられます)。

3.当地警察からの情報に拠ると本3日午前、ハウトベイで約200名の抗議者がメインロード、ビクトリアロードに参集しております。 さらに、カエリチャ、さらにN2のベイデンパウエルとスパインロード間で投石が発生してます。
在留邦人の皆様は、報道等で最新情報を入手しつつ、安全が確認されるまで当該地域には近づかないようお願いします。

4.西ケープ州政府は同州における感染は横ばい状態に入ったと発表しましたが、ウィンディ同州首相は、引き続き強い警戒心をもって行動する努力を続けねなければ、いつ第2波、第3波が来るか分からないと忠告しています。 本月曜日から家事手伝い人の雇用を再開する人もいると思います。
感染防止の観点からは人的接触がないことが理想ですが、やむを得ず接触する場合には厳重な対策(時短雇用、マスク、手袋、検温、うがい、靴を脱ぐ、家事手伝い人利用時は別室で過ごす、家事手伝い人が帰宅した後の消毒等)をお取りください。 また南ア全体では感染拡大は全く収束していないことを念頭に引き続き強い警戒心をもって行動してください。
【参考動画】
より効率的な換気方法とは?
https://www.youtube.com/watch?v=Mt5du-Z256Y

*************************************
このメールは送信専用メルアドから配信されています。
このまま返信頂いても受信しません。
在ケープタウン領事事務所
電話:(国番号27)-(0)21-425-1695
*************************************

タイトルとURLをコピーしました