新型コロナウイルス関連(8月3日)

海外安全情報

【ポイント】
○クウェート入国時に必要な「PCR検査陰性証明書」は、入国前72時間以内に実施したPCR検査に変更されました。(入国前96時間以内から72時間に短縮) ○政府は、全てのクウェート在住者に対し、保健指導事項を遵守するようあらためて呼びかけました。

【本  文】
1.クウェート国営通信は、本日の臨時閣議の決定事項等について、次のとおり報じました。

(1)サバーハ・ハーリド首相は、サバーハ首長の健康(状態)が著しく改善したことを閣議で説明、首長の完全な回復を祈念した。 (2)閣議はサルマン・サウジ国王が、成功裏に行われた外科的手術後に回復に向かい、退院したことに対する安心を表明した。
(3)保健相は、最新の新型コロナウイルス感染状況について報告した。閣議は、クウェート国民及び在住外国人に対し、保健指導事項を遵守するようあらためて呼びかけた。
(4)クウェート人の国外渡航に関する規則を定めたこれまでの閣議決定(注:渡航者の条件や出国前PCR検査義務化等)を撤回し、国外渡航する全てのクウェート人に対し、国外で発生した病気・怪我等の治療費を補填する健康保険への加入を義務付ける。クウェートに入国する全てのクウェート人に対し、入国前72時間以内のPCR検査陰性証明書の取得を義務付ける。全てのクウェート人に入国後14日間の自宅検疫を義務付ける。
(5)閣議は、過去14日以内に新型コロナウイルス感染拡大のリスクが高い以下の国(及び地域)に滞在歴のある外国人渡航者を除き、8月1日以降、クウェート人及びクウェート在住外国人のクウェート出入国を許可するとのクウェート民間航空総局回章について報告を受けた。次の指示があるまで、全ての外国人渡航者に入国後14日間の自宅検疫を義務付ける。また、クウェートに入国する全ての渡航者に対し、入国前72時間以内のPCR検査陰性証明書の取得を義務付ける。 (入国規制対象国:31カ国)
インド、イラン、中国、ブラジル、コロンビア、アルメニア、バングラデシュ、フィリピン、シリア、スペイン、シンガポール、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スリランカ、ネパール、イラク、メキシコ、インドネシア、チリ、パキスタン、エジプト、レバノン、香港、イタリア、北マケドニア、モルドバ、パナマ、ペルー、セルビア、モンテネグロ、ドミニカ共和国、コソボ

2.クウェートの感染状況(3日付)
・新規感染者数:388人(クウェート人:282人、その他:106人)
・累計感染者数:68,299人
・現感染者数:8,099人(前日比:-142人)
・ICU(重症者数):126人(前日比:-3人)
・累計死者数:461前日比:+4人)
・累計回復者数:59,739人(前日比:+526人)
・PCR検査累計:511,599人(前日比:+2,038人)
https://corona.e.gov.kw/En/

●現在、当館の領事業務は、事前予約制で行っております。各種申請(旅券、証明書等)をご希望される方は、来館前に大使館領事班までメール(consular@kw.mofa.go.jp)でお問合せ下さい。
●通院、常時服用薬の入手などでお困りの方、健康上の問題で困っている方やその他ご質問等ある方は、当館檀上医務官(9972−6597)にご相談下さい。特に、発熱(37.5℃以上の体温)や咳・痰等の呼吸器に関する症状や新型コロナウイルス感染が懸念される場合には、保健省ホットライン(151)や医療機関で受診する前に、ご相談下さい。医務官から適切な助言を行います。

(お問い合わせ先)
在クウェート日本国大使館 領事班
電話(代表):(+965)2530−9400
メール:consular@kw.mofa.go.jp (了)

タイトルとURLをコピーしました