ガンビアにおける陸路及び海路国境の閉鎖解除について

海外安全情報

○ 10月16日(金)、ガンビア政府報道官は、陸路・海路の国境について、同日付で閉鎖を解除する旨の声明を発表しました。
○入国後2週間の隔離措置は不要となりますが、入国に際しては、到着の72時間以内に発行された新型コロナウイルスに係る陰性証明書の提示を求められることになります。 ○ ガンビアは、感染症危険情報でレベル3となっており、渡航中止が勧告されています。

 10月16日(金)、ガンビア政府報道官は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、3月19日より閉鎖していた陸路・海路の国境について、同日付で閉鎖を解除する旨の声明を発表しました  他方、空路については、バンジュール国際空港の改修工事等を実施した上で、10月31日までに再開する見通しとしております。  入国後2週間の隔離措置は不要となりますが、入国に際しては、到着の72時間以内に発行された新型コロナウイルスに係る陰性証明書の提示を求められることになります。
在留邦人の皆さまにおかれては、感染予防に十分注意していただきますようお願いいたします。また、邦人が新型コロナウイルスに感染した等の関連情報に接した場合には、大使館にご一報ください。  なお、新型コロナウイルスのためガンビアの全土に感染症危険情報のレベル3(渡航中止勧告)が発令されておりますので、渡航を控えていただくようお願いいたします。

(参考ウェブサイト)
●外務省海外安全 HP(各国の感染状況、渡航制限措置等)
https://www.anzen.mofa.go.jp/ 
●ガンビア保健・社会福祉省ウェブサイト
http://www.moh.gov.gm/

【問い合わせ先】
在セネガル日本国大使館
taishikan.senegal@dk.mofa.go.jp 
Tel+221-33-849-5500, Fax+221-33-849-5555(夜間緊急 +221-77-569-8103)

タイトルとURLをコピーしました