大使館からのお知らせ(デモ活動対策に関する注意喚起)(続報)

海外安全情報

【ポイント】

●報道によれば、本20日、ラゴス州知事は同州内で発生している抗議行動(#EndSARS)に対処するため、本20日午後4時から24時間の外出禁止措置を発動する旨発表しました。 ●昨19日、既にエド州でも24時間外出禁止措置が発動されており、各地でのデモの活発化に伴う同様の事案が発生する可能性がありますので、御注意ください。

【本文】

昨19日の領事メールにて全国的な抗議行動(#EndSARS)が引き続き発生しており、その中には過激な行動も発生している旨注意喚起させていただきました。
報道等によれば、抗議行動に関連して、本20日、ラゴス州内にて発砲事案や警察署が燃やされるという事案も発生しています。このため、10月20日、ラゴス州知事は事態に対処するため、本20日午後4時から24時間の外出禁止措置を発動する旨発表した由です。
既報のとおり、エド州では既に19日午後4時から24時間外出禁止措置が講じられるなど各地でデモの活発化に伴う同様の事案が発生する可能性がありますので、引き続き御注意ください。 なお、デモに対しましては、引き続き以下を参考に、不測の事態に巻き込まれないよう、細心の注意を払っていただくようお願いします。 ●デモが実施されている周辺を避ける。
●警察や治安関係機関の施設などに近づかない。
●目立たないようにする。
●現地報道等の最新の情報を入手する。

万一、被害に遭った場合や周囲に以上を発見した場合には、速やかに大使館にご一報ください。

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

◯在ナイジェリア日本国大使館(領事班/警備班)
 電話:090-6000-9019 または 090-6000-9099
 ※国外からは(国番号234)90-6000-9019 または 90-6000-9099
 夜間緊急連絡用電話:080-3629-0293
 ※国外からは(国番号234)80-3629-0293
 ホームページ: http://www.ng.emb-japan.go.jp/j/
 電子メール : visanigeria@la.mofa.go.jp

タイトルとURLをコピーしました