Pablo Hasel氏逮捕に起因したデモ情報(2月25日)

海外安全情報

●Pablo Hasel氏の逮捕・収監に抗議するデモは、同氏が逮捕・収監された2月16日より、バルセロナ市、ビック市、ジローナ市、タラゴナ市及びレェイダ市等複数の場所で実施されており、また、同様のデモは首都マドリードやバレンシア州等カタルーニャ州外でも実施されています。さらに、デモ参加者の一部が暴徒化し警察部隊との衝突や警察署への襲撃など、逮捕者や負傷者が出る事態にまで発展しています。 ●本日は午後7時頃から、レェイダ市のPl. Ricard Vinyes付近において、デモが実施される模様です。
●外出時には、テレビやインターネット等で本件デモに関する情報や道路情報等を収集するように努め、不測の事態の発生に備え、デモ等が行われている地域一帯には近づかないようお願いします。

1 デモ概要
Pablo Hasel氏の逮捕・収監に抗議するデモは、同氏が逮捕・収監された2月16日より、バルセロナ市、ビック市、ジローナ市、タラゴナ市及びレェイダ市等複数の場所で実施されており、また、同様のデモは首都マドリードやバレンシア州等カタルーニャ州外でも実施されています。さらに、デモ参加者の一部が暴徒化し警察部隊との衝突や警察署への襲撃など、逮捕者や負傷者がでる事態にまで発展しています。 現在、計画又はSNS等で呼びかけられている同氏逮捕・収監に反対するデモ情報は、以下のとおりです。

[2月25日(木)]
〇午後7時頃から レェイダ市 Pl. Ricard Vinyes付近

2 お願い
(1)計画されている場所以外でのデモの実施や目的地不明のデモ行進も多く、上記1以外の時間・場所以外にもデモが実施される可能性があります。外出時には、テレビやインターネット等で本件デモに関する情報を収集するようお願いします。
(2)平和的なデモでも、状況によっては暴力的になる可能性もありますので、デモ等が行われている地域一帯には近づかず、仮にこれらの場所を通りかかった場合には直ちに離れ、自らの安全確保に努めるなど十分注意してください。
(3)一般的に、デモ実施場所は人が密集することから、新型コロナウイルスへの感染予防のためにも、デモが行われている地域一帯には近づかないようにお願いします。なお、当館管轄3州では、対人距離に関係なくマスクの着用が義務化されています。各州が施行している規制措置を守っていただくようお願いします。
(4)デモのルート上及びデモ等が行われている付近の道路では、警察による交通規制等が実施される可能性があり、交通渋滞の発生や公共交通機関の運行に影響が出る可能性もあります。以下の参考リンク等から最新の道路情報を確認することをお勧めします。 【参考リンク】スペイン道路情報(スペイン語、カタルーニャ語)
○バルセロナ市:https://com-shi-va.barcelona.cat/ca/transit
○カタルーニャ州全域:http://mct.gencat.cat/
○全国:http://infocar.dgt.es/etraffic/

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。本アドレスは送信専用です。

【問い合わせ先】
在バルセロナ日本国総領事館
住所:Avda. Diagonal, 640, 2a Planta D, 08017, Barcelona
電話番号:+(34)93-280-3433
FAX番号:+(34)93-280-4496/93-204-5439(領事班直通)
ホームページ:
http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました