新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかる注意喚起(3月5日)

海外安全情報

●3月5日、オンタリオ州政府は、8日より、トロント、ピール、ノースベイ・パリーサウンドで在宅指示を終了し、同3地域をシャットダウンから5段階の経済再開枠組みに移行させる旨発表しました。トロント及びピールは同枠組みの「封鎖段階(灰)」に位置づけられます。

1 3月5日、オンタリオ州政府は、トロント、ピール、ノースベイ・パリーサウンドの3地域で継続していた在宅指示(Stay-at-Home order)を3月7日で終了し、同3地域をシャットダウンから5段階(緑、黄、橙、赤、灰)の経済再開枠組みに移行させること、翌8日からトロント及びピールの2地域を同枠組みの「封鎖段階(灰)」、ノースベイ・パリーサウンド地域を「制御段階(赤)」に位置づけることを発表しました。  詳細については、以下の政府発表を御参照ください。
https://news.ontario.ca/en/release/60580/toronto-peel-and-north-bay-parry-sound-public-health-regions-returning-to-strengthened-covid-19-resp
https://www.ontario.ca/page/covid-19-response-framework-keeping-ontario-safe-and-open

2 オンタリオ州政府は、上記1をもって同州全域においてシャットダウンが終了する旨発表しましたが、新型コロナウイルス感染症の脅威は依然として残っており、英国型、南アフリカ型、ブラジル型等の変異株も発生していることから、感染防止対策を引き続き徹底するよう呼びかけております。

3 オンタリオ州での感染者数
 3月5日午前10時30分現在、オンタリオ州保健省は、州内の新型コロナウイルスの感染者数について、新規1,250症例、累計306,007症例(累計死亡:7,046症例、累計回復:288,583症例含む)と発表しました。
 オンタリオ州内では、州及び各自治体で制限・規制措置が取られており、それら感染防止の目的で講じられている措置や奨励されている措置(物理的な距離の確保、屋内でのマスクの着用、感染が疑われた場合等の適切な自己隔離、集会人数の規制等、職場等各安全ガイドラインの遵守)を確実に実施することが強く呼びかけられています。
 在留邦人の皆様におかれては、オンタリオ州政府や御自身がお住まいの地域のウェブサイト等から常に感染情報を確認し、上記措置を遵守しつつ、これまでと同様に感染予防に努めてください。また、今後の動向について上記の情報から変更が生じる可能性がありますところ、オンタリオ州政府の発表、現地報道等の情報に御留意ください。

タイトルとURLをコピーしました