注意喚起(デモ・治安情報と安全確保のお願い)

海外安全情報

在留邦人の皆様へ
当地滞在中の皆様へ

2021年3月6日

 本6日も、ヤンゴン市内及び各地方で集会やデモが引き続き行われており、各国大使館付近等においては、引き続き警察による交通規制が敷かれています。ヤンゴン市内では、サンチャウン、インセイン、シュエピーター、タンリン各地区等で当局による発砲が確認されています。  昨5日夜間には、ヤンゴン市内の一部で自警活動をしていた地域住民が当局に逮捕される事案が複数発生したとの情報もあります。
 当局による制圧のための動きについては、住宅街等での発砲が頻繁に行われていることが示すとおり、デモ隊が集結する典型的な場所にはもはや限られず、場所も時間も予断を許しません。

 ついては、不測の事態は排除されませんので、集会やデモが行われている場所には絶対に近づかず、不要不急の外出を控えるのみならず、身体と生命への危険の回避を第一に、安全にはこれまで以上に十分注意して行動していただくようお願いします。

 本お知らせは、在留届にメール・アドレスを登録された方、「メルマガ」に登録された方及び外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録をされた方に配信しています。

■問い合わせ先:在ミャンマー日本国大使館領事班
電話:95−1−549644〜8
メール:ryoji@yn.mofa.go.jp

タイトルとURLをコピーしました