レバノンにおける新型コロナウイルス関連(2021.3.22ロックダウン 措置の改正:第4段階目の緩和)

海外安全情報

●2月8日(月)午前5時から発令されている段階的なロックダウン措置(各セクター等の4段階による規制緩和)に関し、3月22日(月)より第4段階に移行し各業種の規制が緩和されました。

1 概要
(1)夜間外出禁止措置は、引き続き午後8時から午前5時までとなります。
(2)これまでの政府発表で指定された全ての商業業種や小売店の営業時間は午後7時まで延長されます。
(3)全ての宗教的及び社会的な集会・イベントは引き続き禁止されます。
(4)銀行や工場の従業員の出勤割合は100%に引き上げられます。
(5) バーやナイトクラブは、今後通知するまで引き続き閉鎖となります。
(6)業種及び営業時間等(各施設・利用客共に外出許可アプリIMPACTでの許可が必要)
ア 24時間営業可
Casino Du Liban(カジノ)
(7)業種及び営業時間等(各施設は外出許可アプリIMPACTでの許可が必要)
ア 午前6時から午後7時まで
 幼稚園、レストラン(再開に向けた別途安全対策を遵守)、ジム(定員の30%まで。エアコンで常に換気し全ての窓とドアを開放すること。教室(エアロビクス)は不可。全員がマスク着用義務)、ゲームセンター(その他ギャンブル)  
2 レストランの再開に向けた安全対策
(1) 室内
 ア 主玄関と窓の解放により恒常的換気の確保。
 イ 最大で定員の50%まで。
 ウ テーブル間は、大ラウンジの場合は2メートル、小ラウンジの場合は1.5メートル離すこと。またテーブル間はプラスチック遮断板を設置することを義務とする。  エ 施設の全従業員に定期的なPCR検査を実施すること。
 オ 事前予約が必要であり、レストラン入口での混雑は認められない。
 カ 同一テーブルには最大6名まで。
(2) 室外
 ア 最大で定員の75%まで。
 イ テーブル間は2メートルを離すこと。
 ウ 同一テーブルには最大6名まで。
(3)上記指示に違反した場合、各施設は閉鎖されます。

3 現地医療機関情報など
 ○在レバノン日本国大使館医務室からのお知らせ
 ○レバノン国内でPCR検査が受診可能な医療機関について
 ○レバノンへの入国
 ○日本への帰国
 ○在レバノン日本大使館への来館について
 ○その他(レバノン保健省の専門ダイアル等)
 ○参照リンク先
■外務省
・海外安全HP
・海外安全HP在レバノンからの安全情報(新型コロナウイルス関連含む)
■総理官邸HP
■厚生労働省
・新型コロナウイルスに関するQ&A
・感染症情報
・咳エチケット
■レバノン保健省(Ministry of Public Health)
  専用ダイヤル:+961-(0)1-594459、1787
各項目の詳細については下記リンク先を参照してください。
https://www.lb.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00061.html
邦人の方の感染にかかる情報及びご不明な点がございましたら下記の連絡先までご照会ください。

●在レバノン日本国大使館
 代表電話番号:+961-(0)1-989751〜3
 領事直通:+961-(0)1-989856/01-989855
 領事携帯:+961-(0)3-366018/03-345977
 領事緊急:+961-(0)3-362540
 FAX番号:+961-(0)1-989754

 このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。  「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました