ブラジルからエクアドル入国者に対する規制

海外安全情報

●4月6日、国家緊急事態委員会(COE)はブラジルからエクアドルへの入国者に対する新たな規制を発表しました。
●新型コロナウイルス受け入れ私立病院リストを更新しました。
(前回から変更ありません。)

1 ブラジルを出発、又は経由しエクアドルに入国した者(PCR陰性結果保持者を含む)は指定のホテルで10日間の隔離を行う必要があります。  この規制は4月8日23時59分からの適用です。
COE決議の詳細は、下記リンクからご確認いただけます。
https://www.gestionderiesgos.gob.ec/resoluciones-coe-nacional-06-de-abril-de-2021/

2 病院情報
 新型コロナウイルス受け入れ私立病院リストを更新しました。以下リンクよりご覧いただけます。
なお、3月1日更新の情報から内容に変更はありません。

【私立病院リスト】
 万一、咳、発熱など新型コロナウイルス感染症が疑われる症状があった場合、かかりつけ医があればそこで受診いただいてその後必要に応じ指定病院で検査を受ける等の対応が想定されますが、かかりつけ医を持たない場合なども対応可能な私立病院のリスト(下記リンクをご参照)についてエクアドル外務省より2020年4月4日に提供がありました。各病院に対し体制等を今回改めて当館で照会の上、更新しましたのでお知らせ致します。なお、エクアドル国内でのコロナウイルス関連の相談窓口は、電話171番となります。 https://www.ec.emb-japan.go.jp/files/100172514.pdf

3 連絡先とお願い
・当館は緊急時体制を執っています。旅券・各種証明等の領事手続他当館にご用の方は,事前に当館まで以下の電話またはメールにてお問い合わせください。 ・エクアドル滞在中に新型コロナウイルス感染症陽性となった邦人の方は,当館までご一報ください。

【問い合わせ先】
在エクアドル日本国大使館 
電話番号:+(593)2-2278-700/ embapon@qi.mofa.go.jp
当館ホームページ:https://www.ec.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
(ア)在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動配信されております。「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。 (帰国・転出) https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login (イ)「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。 (変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました