カタールにおけるコロナウイルスの対策(4月8日:訂正版)在 カタール日本国大使館

海外安全情報

【ポイント】
 4月9日からカタール国内における新型コロナウイルス感染拡大防止措置が強化されます。
○公共・民間セクターの出勤率は50%まで
○レストラン・カフェの店内利用は禁止、テイクアウト又は出前注文のみ
○商業施設の運営を収容率30%以下に引下げ、16歳未満の立入りを禁止 など
※(7)を訂正しております。

【本文】
 4月7日、カタール政府は、新型コロナウイルス感染者の増加を受け、同感染拡大の抑制措置の厳格化について以下のように発表しました。 (4月9日から適用)
(1)公共セクターにおいて、業務の必要性に応じ、事務所での出勤率を50%までとし、残りの職員は在宅勤務又は状況に応じた要請次第とする。また、 軍・治安・保健分野は例外とする。(規制強化)
(2)民間セクターにおいて、業務の必要性に応じ、事務所での出勤率を50%までとし、残りの職員は在宅勤務とする。商業・工業省は、関連省庁と連携し、本決定から除外する必要な活動について明らかにする予定。(規制強化)
(3)公共及び民間セクターの従業員が実施する会議には、現代技術を用いることとする。同対応ができず、会議が必須である場合には、各種手続き防疫措置に則り、5人まで参加可能とする。(規制強化) (4)全てのカタール国民及び在留者は、一人での運転時を除き、外出時は理由を問わずマスクの着用を継続する。(継続)
(5)全てのカタール国民及び在留者は、外出時、スマートフォン・アプリEhtirazを、引き続き外出理由を問わず常にアクティベートしておく。(継続)
(6)通常礼拝及び金曜礼拝用にモスクの開放を継続するが、ラマダン期間中のタルウィーフは自宅で行うこととし、12歳未満の立入りを禁止する。保健省及び宗教財産・イスラム問題省による予防措置を遵守する。洗面所及び洗い場は引き続き閉鎖される。(規制強化)
(7)自宅やマジュリスにおける屋内での集会、訪問を中止とする。全員が新型コロナウイルスワクチンを2回接種済みの場合、屋外において最高5人まで集会可能。(規制強化) (8)冬用キャンプは、生活を共にする家族のみとする。(継続)
(9)追って通知があるまで、結婚パーティの開催を禁止する。(継続)
(10)公共公園、浜辺及び海岸での集会は、禁止とし、当該施設に所在する遊び場及びスポーツ設備は継続して閉鎖するが、個人的な運動としてのウォーキング、ランニング、サイクリングは許可する。(規制強化) (11)生活も共にする家族による車両での外出を除き、車両の乗車人数上限を、運転手を含め4人以下とする。(継続)
(12)防疫措置をとった上で、バスに乗車可能な人数を、継続して最大収容人数の50%以下に限定する。(継続)
(13)地下鉄及びその他公共交通機関の運行を、収容率20%以下とし、金曜日、土曜日の運行を中止する。その他公共交通機関の運行についても、収容率20%以下とし、金曜日、土曜日の運行を中止するとともに、同一路線のサービスを中止する。喫煙所を閉鎖して、飲食を禁止する。(規制強化) (14)運転教習所を閉鎖する。(規制強化)
(15)劇場及び映画館を閉鎖する。(規制強化)
(16)教育センター及び民間職業訓練センターは、リモートによるプログラムの提供のみとする。(継続)
(17)保育園及び児童施設を閉鎖する。(規制強化)
(18)公共の博物館及び図書館を閉鎖する。(規制強化)
(19)障がい者指定施設においてのみ、保健省による特別な要求遵守の下で、個別の教育セッションの開催を継続して許可する。(継続) (20)プロスポーツチームの練習は、屋内外で禁止とするが、保健省が許可した地方及び国際大会の準備練習については例外とする。(継続) (21)国内及び国際スポーツイベントの開催にあたり、保健省の事前許可を取得することとする。(継続)
(22)展示会、会議及びその他様々なイベントの開催は、延期することとする。(規制強化)
(23)商業施設の運営を収容率30%以下とし、16歳未満の立入りを禁止する。また、同施設内の礼拝所を閉鎖し、フードコートの閉鎖を継続することとし、フードコート内のレストランには、出前注文及び各店内でのテイクアウトのみ許可する。(規制強化) (24)レストラン及びカフェは、屋内外での飲食提供を禁止する。ただし、出前注文及び各店内でのテイクアウトのみ許可する。(規制強化)
(25)ボート、観光ヨット、レジャー用ボートの貸し出しサービスの中止を継続するが、生活を共にする家族又は新型コロナウイルスワクチンを2回接種済みの家族以外で構成される5人以下の場合は除外する。(一部追加) (26)一般市場の収容率を30%以下とし、16歳未満の入場を禁止する。(規制強化)
(27)卸売り市場の収容率を30%以下とし、16歳未満の入場を禁止する。(規制強化)
(28)ヘアサロン及び美容サロンを閉鎖する。(規制強化)
(29)遊園地及び商業施設内の屋内娯楽施設を閉鎖する。(継続)
(30)健康クラブ、スポーツジム、マッサージ、サウナ、スチーム・ルーム、ジャクジー、モロッコ風呂及びトルコ風呂等のサービスを閉鎖する。(継続) (31)スイミング・プール及びウォーター・パークは閉鎖する。(継続)
(32)私立医療施設は、緊急の場合を除き、医療サービスの提供を継続して停止することとし、可能であれば、現代の通信手法を利用した医療サービスを提供する。(継続)
(33)営業時間中のクリーニング及び接客業者により提供されるサービスを禁止し、営業時間外では稼働率100%で同サービスの提供を許可する。また、住宅については、保健省及び商業工業省による特別な要求を遵守することで、同サービスの提供は1人のみ可能とする。(規制強化)

  (お問い合わせ先)
  在カタール日本国大使館 領事班
  電話: (+974)4440 9000
  FAX:(+974)4029 3655
  メール: eojqatar@dh.mofa.go.jp
  現在,来館には事前予約が必要です。
  詳細は当館ホームページをご確認ください。

○本メールは,在留届に登録されたアドレスに自動配信されております。
○3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
○3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
どちらも下記URLからオンラインで簡単に手続きできます。   https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html 
※「たびレジ」簡易登録のメール配信停止(下記URLで手続きできます)   https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete 

タイトルとURLをコピーしました