ワクチン接種戦略第5フェーズの開始

海外安全情報

4月7日、ルクセンブルク政府は、ルクセンブルクにおけるワクチン接種戦略第5フェーズの開始について発表しました。概要は以下のとおりです。

1. ワクチン接種戦略第5フェーズの対象者に対する最初の案内状が4月5日の週に発送される。

2. 1月29日の閣議決定を受けて発表されたとおり、対象となるのは、55〜64歳の住民(フェーズ5a:高齢の方から順に送付)と、健康面での一定のリスク保持者(フェーズ5b)である。具体的に対象となるリスクは、(1)バランスのとれた合併症のない糖尿病、(2)合併症のない高血圧、(3)肥満(ボディマス指数(BMI)30−40kg/m2)、(4)妊娠中、である。

3. フェーズ5aに該当する55歳から64歳の方には、保健省から案内状が郵送され、そこに、希望する予防接種センターへの予約方法の詳細が記載されている。また、このために設置されたホットラインで支援を受けることができる。

4. フェーズ5bの定義において、一定のリスクがあるとされた55歳未満の人は、4月8日より一般医または専門医を通じて予防接種の登録が可能となり、その後、案内状が郵送される。案内状は、ワクチンの配送の進捗に合わせて送付される。予防措置を遵守し、行列を避けるためには、予約の時間を守ることが重要である。

5. 予防接種戦略第3フェーズの対象者(70歳〜74歳)の中で、該当期間に予約しなかった人でも、後日、予防接種戦略第4フェーズ終了後に、予防接種センターにおいて接種を受ける機会がある。ワクチン接種を希望する方は4月12日から18日の間にguichet.luのワクチン・ウェイティングリストより登録を行うことができ、追って案内状が送付される。また、このために設置されたホットラインで支援を受けることができる。

6. 今回の政府決定は、国家倫理委員会の見解に沿ったもので、最初の予約でワクチンを接種できなかったすべての方に、後からワクチン接種に招待される機会を提供することを目的としている。なお、保健省は、フェーズ2〜4に該当する方で、まだ案内状を受け取っていない方に対して、guichet.luより自分の住所を確認するよう呼びかけている。

 在留邦人の皆さま及びご旅行中の皆さまにおかれましては、今後も政府発表や報道、下記サイト等を通じて最新情報の収集に努めてください。

■ルクセンブルク保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
http://sante.public.lu/fr/prevention/coronavirus-00/index.html

■在ルクセンブルク日本国大使館新型コロナウイルス関連情報サイト
https://www.lu.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00017.html

(ご連絡先)
在ルクセンブルク日本国大使館
TEL: (+352) 46 41 51-1
e-mail:consulate.embjapan@lx.mofa.go.jp
URL:https://www.lu.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

タイトルとURLをコピーしました