【新型コロナウイルス】国家ワクチンプログラム第2フェーズの接種対象者 について(2021年4月19日)

海外安全情報

●4月19日より、国家ワクチンプログラム第2フェーズが開始されます。

●同フェーズの接種対象者は、ワクチンプログラム上で以下2グループが指定されています。

(第1グループ)
 第1フェーズで接種していない医療従事者、必要不可欠なサービスに従事する者、防衛・警備産業に従事する者
(第2グループ)
 高齢者(60歳以上の者)、心臓病/肥満/糖尿病/高血圧などの慢性疾患を有するハイリスク者、障害者(OKUカード所持者)

●在留邦人含む外国人(non-citizens)に明確に言及がなされているのはワクチンプログラム第3フェーズのみですが、保健省に確認したところ、4月16日、第2フェーズの上記第2グループはマレーシア人に限らず、当該属性であれば在留邦人含む外国人も対象になる、との回答を得ました。

●従って、高齢者(60歳以上の者)、上記慢性疾患を有するハイリスク者及び障害者(OKUカード所持者)に該当する方であって、マレーシアでのワクチン接種を希望する在留邦人の方におかれましては、MySejahteraアプリ上で接種登録をするようご案内申し上げます。

●なお、第1グループの「必要不可欠なサービス」がいずれの産業を指すかは未だ政府発表はなく、発表され次第、本ページを更新する予定であることを申し添えます。

(MySejahteraアプリ登録手順は以下をご覧ください)
https://www.youtube.com/watch?v=fzeYtsgFVh0

○今後も、SOPの順守に加え、人混みを避ける行動や、適切なマスクの着用、うがい・手洗いの励行など、基本的な感染症予防対策に努めてください。

○現在、外務省はマレーシアに対して「感染症危険情報レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。詳細は以下を御確認ください。 外務省海外安全ホームページ:マレーシア
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_017.html#ad-image-0 当館ウェブサイトページ
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_31032020.html

○在留邦人、渡航者の皆様におかれては、引き続き、マレーシア関係当局及び各種メディアから、最新の情報を入手するよう努めてください。各州政府が独自の規制を行っている場合もありますので、お住まいの地域の状況について、報道や各州政府ウェブサイト・SNS等を通じ、御自身での情報収集に努めてください。

(現地公館連絡先)
〇在マレーシア日本国大使館
住所:No.11, Persiaran Stonor, Off Jalan Tun Razak, 50450 Kuala Lumpur, Malaysia 電話:(03)2177-2600(代表)
ホームページ: https://www.my.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

〇在コタキナバル領事事務所
住所:No.18, Jalan Aru, Tanjung Aru, 88100 Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia 電話:(088)254-169
ホームページ: https://www.kotakinabalu.my.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○このメールの送信アドレスは送信専用です。
○このメールは在留届・メールマガジン・たびレジに登録されたメールアドレスに自動的に配信されています。
○「たびレジ」簡易登録をした方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いします。
URL: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました