EEA・シェンゲン域外からの旅行者に対する自己隔離ホテル滞在の義務化( 5月7日現在)

海外安全情報

●5月7日、ノルウェー法務公安省は、EEA(注)・シェンゲン域外(注:日本を含みます)からの全ての旅行者に対し自己隔離ホテルに滞在することを義務化するとのプレスリリースを発出しました。その概要は以下のとおりです。この措置は、5月9日12時から適用されます。 (注)EU加盟国にリヒテンシュタイン、アイスランド、ノルウェーを加えたもの。

1 ノルウェー政府は、EEA・シェンゲン域外の全ての国からの全ての旅行者に対し、ノルウェー入国時に自己隔離ホテルに滞在することを義務化することを決定した。
 これまでノルウェー在住者で必要不可欠な旅行から帰国した者については自主隔離ホテルにおける滞在が免除され、自宅で自主隔離ができたが、今後この例外規定は、EEA・シェンゲン域内からの帰国者のみに適用されることになる。

2 メーラン法務公安大臣は、「ノルウェーや多くのヨーロッパ諸国で感染は減少傾向にあるが、世界の他の場所では依然深刻な状況にある。感染輸入のリスクを制限するためには、EEA・シェンゲン域外の国からノルウェーに入国する全ての人が自己隔離ホテルで検査を受けなければならない。」と述べた。

3 COVID-19規則5条を改定し、バングラデシュ、イラク、インド、ネパール及びパキスタンからの旅行者に適用されている規則をEEA・シェンゲン域外すべての国からの旅行者に拡大して適用する。(当館注:改定前の同5条では、ノルウェー到着前の10日間、これら5か国に滞在した者は自主隔離期間中自主隔離ホテルに滞在しなければならないと規定されています。)

4 詳しくは、以下の5月7日付ノルウェー法務公安省プレスリリースをご参照ください。
https://www.regjeringen.no/no/aktuelt/flere-reisende-ma-pa-karantenehotell/id2848119/  また、ノルウェー保健当局によるノルウェー入国に関するガイドラインは以下をご参照ください。
https://www.helsenorge.no/en/coronavirus/international-travels

【問い合わせ先】
在ノルウェー日本国大使館 領事班
電 話: (+47)2201-2900
メール: ryouji@os.mofa.go.jp

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信停止をご希望の方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
URL: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、第三国に転居した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
URL: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

タイトルとURLをコピーしました