デンマーク外務省の渡航情報の改定(5月8日から適用)(新型コロナウイ ルス関連情報)

海外安全情報

【ポイント】
デンマーク外務省は、5月8日から適用される渡航勧告の改定を発表しました。
●デンマーク入国に際し承認に値する目的なしで入国でき、入国後の隔離義務免除(黄色国)
EU /シェンゲン協定国のうち、アイスランド(全国)およびノルウェーの次の地域:ノードランド、トロンデラーグ、トロムス、フィンマルク EU /シェンゲン協定国以外の国のうち、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、タイ、イスラエル(新規)
●日本はオレンジ国として、引き続き承認に値する入国目的と入国後の隔離義務が求められます。

1 デンマーク外務省の渡航情報の改定
5月7日、デンマーク外務省は5月8日(土)16時から適用される渡航勧告の改定を発表しました。先週からの主な変更点として、イスラエルが黄色国となりました。概要は以下のとおりです。 (デンマーク外務省プレスリリース)
https://um.dk/da/nyheder-fra-udenrigsministeriet/newsdisplaypage/?newsID=F1D9EF87-82C8-433A-9CF6-CAAF71E4B41B  
●EUおよびシェンゲン協定加盟国内では、アイスランドとノルウェーの3地域(ノードランド、トロンデラーグ、トロムス、フィンマルク地域)のみが引き続き低感染率の基準を満たしている。しかし、アイスランドとノルウェーについては、デンマークからの旅行者に対する大幅な入国制限を設けているため、外務省の渡航勧告はオレンジ色のままで、不要不急の旅行はすべて控えるよう勧告する。
●EUのリストのうち、デンマークへの入国が可能なのは、オーストラリア、イスラエル、ニュージーランド、シンガポール、韓国、タイである。ただし、デンマークからの旅行者に対する入国制限を導入しているため、EUのリストにあるこれらの国に対する外務省の渡航勧告は全てオレンジ色のままとなる(全ての不要な渡航の中止勧告)。
●懸念されるCOVID−19変異株の状況を含め、感染の状況が特に懸念される国に対するリストに変更はない。バングラデシュ、ボツワナ、ブラジル、エスワティニ、レソト、マラウィ、モザンビーク、南アフリカ、ザンビア、ジンバブエ、およびアフリカ南東部のフランス海外領であるラ・レユニオン地域が赤である。赤の国へのすべての渡航は、デンマークに新しく懸念されるウイルス変異株をもたらすリスクを制限するために推奨されない。対象国からの入国制限は、承認に値する入国目的のより厳密なリストが適用される。

なお、日本は引き続きオレンジ色の国として、承認に値する入国目的と入国後の隔離義務が求められます。

2 デンマークのワクチン接種計画表
デンマーク保健省が5月3日付けでワクチンの接種計画表を更新しました。下記サイトで年代別のワクチンの接種時期を案内しています。 (デンマーク保健省・デンマーク語)

 

3 感染者数
5月7日(金)14時発表のデンマークの1日あたりの新規感染者数等の詳細は以下のとおりです。引き続き感染防止に十分ご注意ください。 (出典:デンマーク国立血清学研究所、フェロー諸島自治政府、グリーンランド自治政府の最新発表)
https://covid19.ssi.dk/overvagningsdata  
感染者数 合計258,204名
●デンマーク
感染者数257,505名(前日比+1,023名)(死亡者2,495 名,入院者157名、治癒者数244,364名)
●フェロー諸島
感染者数 668名(前日比+0)(死亡者1名、入院者0人、治癒者数662名)
●グリーンランド
感染者数 31名(前日比+0)(死亡者0名、治癒者数31名)

<日本帰国・入国者への検査証明確認の厳格化(4月19日から実施)>
日本人の帰国者を含む全ての日本への入国者に対しては、すでに事前の出国前検査証明を求められているところですが、4月19日より検疫における検査証明の確認が一層厳格化されています。出国時の搭乗手続や本邦入国時の検疫において、検査証明の有効性をめぐり、搭乗拒否や乗継地での足止め、また入国後の停留期間の延長など様々な混乱が生じています。 下記リンク先にて、厚生労働省が定める検査方法及び検査証明書記載内容などをご確認の上、原則として厚生労働省所定のフォーマットを使用願います。 (厚生労働省の検査証明書フォーマット)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html (検査証明への記入サービスを行う当地医療機関等・当館HP)
https://www.dk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/taizai-covid19.html#nihon_3  ※同医療機関は一例です。検査・記入サービスの利用料金等は病院ごとに異なります。
(「検査証明書の確認について(本邦渡航予定者Q&A)」・当館HP)
https://www.dk.emb-japan.go.jp/files/100178984.pdf 

<日本政府の水際対策に関する新たな措置(3月2日決定)>
デンマークから日本に帰国する際は、出国前72時間以内の検査証明が求めら れるとともに、帰国後は検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設 に限る)で待機いただき、入国後3日目に改めて検査を受けていただくことに なります。その上で、陰性と判定された方については、検疫所が確保する宿泊 施設を退所し、入国後14日間の残りの期間を、自宅等で待機していただくこ とになりますので、ご留意ください。
(新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置) https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C038.html  (水際対策に係る新たな措置・各種検疫・出国前検査証明フォーマットなど) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html 

また、日本入国時に必要なアプリのインストール方法を、厚生労働省が案内しております。

 

<デンマークの入国制限>
○デンマークの現在の入国制限に関しては、デンマーク・コロナポータルサイト及び当館HP等でご確認ください。
(デンマーク・コロナポータルサイト:デンマーク語)
https://coronasmitte.dk/ 
(同:英語)
https://en.coronasmitte.dk
(在デンマーク日本国大使館HP)
https://www.dk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/taizai-covid19.html#denmarku_2

○現在、日本外務省はデンマークに対して感染症危険情報「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しています。 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_164.html#ad-image-0 

 

<当館からのお願い>
●現在、当館では感染症予防対策の一環として、領事待合室に1度に入室できる方の数を1組ごとに制限しております。係員が順番にご案内いたしますので、それまでロビーでお待ちいただく場合があります。
また、来館時にサーマルカメラにて、非接触型の検温を行っております。体温が著しく高いと認められた方には入館をご遠慮いただく場合がありますので、ご理解の上、ご協力をよろしくお願いいたします。
また、当館が入居するビル管理会社より、共用スペースでマスク着用及び2メートルの社会的距離を確保するようにと依頼がありました。ビル出入口にマスク着用の案内が掲示されておりますのでご協力ください。
●在留届を提出されている方で、日本に帰国(一時帰国を除く)された方は、「帰国者全員の氏名、帰国日」をご記入の上、当館領事班ryoji.han@ch.mofa.go.jp までメールでお知らせください。 詳しくは下記当館ホームページをご確認ください。
https://www.dk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/taizai-zairyu.html
●在留邦人の方でコロナウイルスへの感染が確認された方や隔離措置を受けた方、入院された方は当館までご連絡ください。

【連絡先】
在デンマーク日本国大使館領事部
電     話:3311-3344 (閉館時はまず緊急電話対応業者につながります)
メールアドレス:ryoji.han@ch.mofa.go.jp

●在留届(3か月以上滞在される方)/「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/
●スマートフォン用 海外安全アプリ
https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

◎「たびレジ」簡易登録された方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
◎在留届を提出されている方は、記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やe-mailアドレスの変更等)、または帰国・転出等があればお知らせください。

タイトルとURLをコピーしました