新型コロナウイルス関連(5月7日)

海外安全情報

●新型コロナウイルス受け入れ私立病院リストを更新しました。
(前回配信の内容から変更はありません)
●現在のエクアドルと日本の入国規制をまとめました。
●5月7日の政府集計発表:感染者総数395,327人(前日比+1,601人)、死亡者数19,061人(前日比+43人)

1 エクアドルの入国規制
(1)入国時には「到着前3日以内に実施されたPCR検査か抗原検査の陰性結果」または「ワクチン接種証明書」の提示が必要です。 (2)2歳未満の幼児については上記の提示は不要となります。
(3)ブラジルを出発、又は経由してエクアドルに入国した旅行者(PCR陰性結果保持者を含む)は指定の施設で、エクアドルに住居のある者は自宅で10日間の隔離を行う必要があります。 それ以外の入国者については隔離義務はありません。
※エクアドルは,感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)に指定されています。

2 日本の入国規制
(1)入国時には出国72時間前以内の検査陰性証明書提示の他,誓約書・質問票の提出,スマートフォンの携行と必要アプリの登録・利用が必要となります。 (2)他の国を経由して入国する場合は、最終経由国の出国72時間前以内に検査した陰性証明書の提示が必要となります。
(3)任意の検査証明書の不備により搭乗できない等のトラブルが散見しております。
検査証明書取得の際は、厚生労働省所定の証明書を使用ください。
※詳細は、下記のURLをご覧ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

3 医療情報
 新型コロナウイルス受け入れ私立病院リストを更新しました。以下リンクよりご覧いただけます。
なお、4月6日更新の情報から内容に変更はありません。

【私立病院リスト】
 万一、咳、発熱など新型コロナウイルス感染症が疑われる症状があった場合、かかりつけ医があればそこで受診いただいてその後必要に応じ指定病院で検査を受ける等の対応が想定されますが、かかりつけ医を持たない場合なども対応可能な私立病院のリスト(下記リンクをご参照)についてエクアドル外務省より2020年4月4日に提供がありました。各病院に対し体制等を今回改めて当館で照会の上、更新しましたのでお知らせ致します。なお、エクアドル国内でのコロナウイルス関連の相談窓口は、電話171番となります。 https://www.ec.emb-japan.go.jp/files/100186918.pdf

4 連絡先とお願い
・当館は緊急時体制を執っています。旅券・各種証明等の領事手続他当館にご用の方は,事前に当館まで以下の電話またはメールにてお問い合わせください。来館を要する方には来館いただく日時をご案内いたします。 ・エクアドル滞在中に新型コロナウイルス感染症陽性となった邦人の方は,当館までご一報ください。
【問い合わせ先】
在エクアドル日本国大使館 
電話番号:+(593)2-2278-700/ embapon@qi.mofa.go.jp
当館ホームページ:https://www.ec.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
(ア)在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動配信されております。「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。 (帰国・転出) https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login (イ)「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。 (変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました