新型コロナウイルス対策(サントメ・プリンシペ:警戒状態の延長)

海外安全情報

●サントメ・プリンシペ全土において、8月31日まで警戒状態が延長されました。

7月31日、サントメ・プリンシペ政府は、現在発令中である警戒状態を8月31日まで延長すると発表しました。
 今回の警戒状態の期間中においては、以下の対策が取られます。

1 新型コロナウイルス陽性者及びその濃厚接触者に対し、自宅隔離を義務づける。

2 10歳以上の全ての市民に対し、閉鎖空間、学校構内、公共交通機関及び自家用車内(運転手のみの場合を除く)におけるマスクの適切な着用を義務づける。

3 あらゆる公共・民間施設の出入口において、石けんによる手洗い又はアルコールジェルによる消毒を義務づける。

4 あらゆる公共の場において、最低1.5メートルのソーシャルディスタンスを順守する。

5 ミサ及び宗務は、一般的な衛生対策を順守の上、教会・寺院の収容可能人数の3分の2の範囲内で、2日に1日の頻度で許可する。巡礼及び行列の禁止は継続する。

6 閉鎖空間における会議・会合は、一般的な衛生対策を順守の上、会議室の収容可能人数の3分の2の範囲内で許可する。

7 施設の収容可能人数の3分の1の範囲内で、チームスポーツの練習を許可する。

8 海岸通りにおける歩き売りを禁止する。

9 閉鎖空間におけるディスコ及び「fundoes」を禁止する。

10 レストラン、ソーシャルイベント又はコンサート会場における音楽祭又は生歌謡ショーは、一般的な衛生対策を順守した上、座って観覧できる場合は、収容可能人数の3分の2の範囲内で許可する。

11 5歳以上の全ての国民及び外国人に対する、国際線(出国・入国いずれも)利用時の、出発日72時間前以内に実施したPCR検査陰性証明書(紙媒体)の提示義務を継続する。ポルトガルへの渡航者は、出発日48時間前までに実施した迅速抗原検査(欧州医薬品庁が認めたもの)の陰性証明を提示する必要がある。

12 サントメ島−プリンシペ島間の往来における、出発日48時間前までに実施する迅速検査義務を継続する。

また、選挙期間中については、上記対策に重ねて、以下の対策を強調することが重要である。

1 集会や音楽祭の開催を禁止する。

2 会議室収容人数の50パーセントを超える範囲での閉鎖空間における会議・会合を禁止する。

3 行進などの人員の動員を伴う全ての活動については、開放空間、閉鎖空間を問わず、マスクの着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンスの確保を義務づける。

4 投票日には、投票所の外で列に並んで待っている間を含め、投票者にマスクの着用を義務づける。

 これらの対策は政令により規定され、違反者に対しては相応の罰金が科される。違反が繰り返される場合は、法に基づき関係当局の捜査対象となる。

【参考リンク】
○サントメ・プリンシペ政府/保健省公式フェイスブック
https://www.facebook.com/governostp/
https://www.facebook.com/MSaudeSTeP/

○外務省海外安全ホームページ(国別感染者数、各国・地域における入国・行動制限措置等)
https://www.anzen.mofa.go.jp/

○厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

○在ガボン日本国大使館フェイスブック
https://www.facebook.com/JapanEmbGabon/

※このメールは,送信専用メールアドレスから、在留届を提出された方及び「たびレジ」にご登録の方宛てに配信しています。ご返信いただけませんのでご了承ください。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方はこちら→https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

【本件問い合わせ先】
在ガボン日本国大使館 領事班(サントメ・プリンシペ兼轄)
所在地:Boulevard du Bord de Mer, B.P.2259, Libreville, Gabon
電話番号:(+241)011-73-22-97 / 011-73-02-35
閉館時緊急連絡先:(+241)077-38-73-38
Email: amb.japon@lv.mofa.go.jp

タイトルとURLをコピーしました