【重要】米国の水際措置(入国の際の出発前検査要件)の変更

海外安全情報

12月6日以降、米国への空路入国者は、ワクチン接種の有無に関わらず、出発前1日以内の検査証明の提示が求められます。

12月6日(月)午前0時1分(米国東部標準時)以降、米国へ向け空路にて出発する全ての渡航者(2歳以上)は、米国への出発前「1日以内」 に取得した検査証明書の提示が必要となります。(従来は3日以内)
 日本−ホンジュラス間の往来で米国での乗り継ぎを予定されている方はご注意ください。

※参考リンク
在アメリカ合衆国日本国大使館HP(12月3日付領事メール)
https://www.us.emb-japan.go.jp/j/announcement/20211203importantmessagecoronavirus.pdf 

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在ホンジュラス日本国大使館
住所:Col. San Carlos, Calzada Rep. Paraguay, Tegucigalpa, M.D.C., Honduras, C.A. 電話:2236−5511
国外からは(国番号504)2236−5511
緊急の場合:9970−0558
Email:ejh-ryojibu@te.mofa.go.jp

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました