明日6月30日に予定されている大規模デモについて

海外安全情報

●明日(6月30日木曜日)、地域抵抗委員会、スーダン職業連盟、FFC主流派をはじめとする政治勢力は、国軍による政権奪取事案に抗議する大規模デモの実施を呼びかけています。明日のデモはスーダン各地で行われる模様です。
●明日のデモに関して、地域抵抗委員会等は大々的に広報を行っており、明日のデモは今までに比べて大規模になる可能性があり注意が必要です。不必要な外出は控えるようにお願いいたします。
●ハルツーム地域抵抗委員会の呼びかけによると、Bashdar(大使館から南方約3km)、Ab hamama(大使館から南西約3km)等に集合し、午前11時頃に大統領宮殿に向かうように呼びかけています。 ●本日の夜からハルツーム中心部に繋がる橋及び主要道路は政府により封鎖されることが予想されます。また、インターネットが遮断される可能性も否定できません。
●治安部隊は毎回催涙弾や銃器を使ってデモ隊を制圧しており、現在まで102名の方が亡くなっています。ブリ地区(ハルツーム空港の北東)等デモが予定されていない場所でも急きょデモが行われるケースも増えています。
●デモの行われている場所、またその周辺は、巻き添え被害に遭う可能性が非常に高く大変危険ですので、邦人の皆様におかれましては、デモ等によって人が集まる場所、逃げているデモ隊には決して近づかないでください。万が一、デモ、または、逃げているデモ隊に鉢合わせましたらその場から急いで離れる、障害物に身を隠すなど、自らの安全を守る行動をとるようにお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました