コートジボワールにおける大統領選挙に関する注意喚起

海外安全情報

 24日、コートジボワール政府は、アビジャンから西方向約50kmに位置するダブー市(Dabou)において19日から21日かけて発生した一連の暴動の結果、16名が死亡、67名が負傷したことを発表しました。  一方、SNS上等では、26日から都市間にバリケードを設置すること等を呼びかける反体制派が作成したと考えられるリーフレットが拡散されています。
 これを受けて、報道によりますと、本日26日朝方、Akouedo村(プラトーから東方向に約13kmの地点)において、バリケードの設置を試みた住民と警察官の間で衝突が発生し、警察官が催涙弾を使用した模様です。  
 10月31日の大統領選挙に向けて、SNS上等では様々な情報が発信されています。
 邦人の皆様におかれましては、最新の治安・選挙情報を可能な限り複数の情報源から入手するよう努めてください。
 さらに、投票終了後、選挙結果の発表を巡り、さらなる衝突や不測の事態が発生するおそれがあります。
 コートジボワールに滞在中の方は、引き続き慎重な行動を心がけ、不用意に集会やデモ等、多数の人が集まる場所には近づかないようにするとともに、移動の際も十分注意するようお願いします。  また、デモや選挙を巡る混乱が発生した場合に備えて、念のため、現金、非常用の食料、飲料水、医薬品、燃料等をあらかじめ準備することをおすすめいたします。

 コートジボワールにおいては新型コロナウィルスの感染は依然として収束しておらず、また、大統領選挙も予定されていることから、コートジボワールに入国、若しくは出国される際は、当館にご一報いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

 このメールは在留届・たびレジにて届けられたメールアドレスに自動的に配信されております。

【連絡先】 在コートジボワール日本国大使館(トーゴ、ニジェールを管轄)
大使館代表:(225)20 21 28 63(内線111)
Eメール :consulat@aj.mofa.go.jp

タイトルとURLをコピーしました