新型コロナウイルス対策(首相府声明文)

海外安全情報

ベルギーにお住まいの皆様,及びたびレジ登録者の皆様

本27日夜,協調委員会がが開催され,幼稚園・小学校・中学校等の再開等について議論が行われ、その結果について首相府コミュニケ(声明文)が発表されました。以下、その仮訳文を作成しましたので,ご案内いたします。

(参照リンク:ウィルメス首相ホームページ,首相府声明文(原文))
https://www.sophiewilmes.be/le-retour-progressif-a-lecole-va-pouvoir-continuer-en-belgique/

【仮訳】
タイトル:ベルギーにおいて、学校の漸進的再開は継続することができる。

協調委員会は、5月27日水曜日の会議において、各教育大臣の提案及びその後のGEES(外出規制解除担当専門家グループ)の勧告に基づき、ベルギー人生徒の学校再開の次の段階について合意した。
念のためお伝えすると、外出規制解除の第2フェーズの枠組みにおいては、幼稚園及び小学・中高等教育における授業は漸進的に再開することが決定されていた。子供の発育は、当局の優先事項である。ところが、同時に外出規制は、メンタル、社会、及び教育面からは、多かれ少なかれ大きな影響があることが認識されている。

現時点では、学校の再開は、小学校(ecoles primaires)及び中高等学校(ecols secondaires)における、教育レベルにより分けられる3学年分のみに関するものであり、幼稚園(ecoles maternelles)においては、引き続き授業が中断されていた。 高等教育では、2019‐2020年度の終了が定義されている。教育の外出規制解除の継続は、とりわけベルギーにおける保健状況の進展によるものであった。

GEESの専門家は、その勧告において、外出規制解除の継続を可能とする複数の要素を強調した。まず、ベルギーにおける新型コロナウィルスの蔓延の進展のフォローアップに関しての指標が、引き続き勇気づけられるものとなっていることである。この点は、ウィルスの潜伏期間により引き起こされる効果を考慮に入れている。次に、ウィルスに関する知識は、国際的な科学界(communaute scientifique internationale)において、ここ数週間で、充実したものになってきていることである。
一方で、GEESの専門家は、様々な国によって得られた研究や経験によれば、子供は、ウィルスにより感染せず、より伝染しにくいことを指摘している。その結果、学校の再開は、一定の決まりがしっかりとフォローされ続けていれば、感染症の大きな再発を引き起こすことはない。

よって、協調委員会は、教育部門との調整を行い、GEESの専門家と同じ方向性であることから、以下の決定を行った。

●幼稚園(les ecoles maternelles)の授業全体は、6月2日から再開することが可能である。
−教育的及び社会的な理由から、子供を見ている際には、教員にはマスク着用が勧告されない。他方、マスク着用は、成人間では常に強く推奨される。 −安全な距離の順守は、必要ではない。

●小学校(les ecoles primaires)における授業全体は、6月8日から再開可能することが可能である。(「試用」日は、6月5日から可能。) −小学校の生徒は、マスクを着用する必要はない。教員・指導者に関しては、安全な距離が順守できない場合にはマスク着用が強く推奨される。
−小学校の生徒の間に関しては、安全な距離に関する指示は、緩和される。しかしながら、生徒と教員の間、教員間及び教員と保護者の間では、安全な距離にする指示は引き続き適用されなければならない。 −レクリエーションの際には、生徒は、可能な限りクラスの友達と「接触グループ(bulle de contacts)」の原則に従って遊ばなければならない。

●中高等教育(enseignement secondaire)については、共同体がより多くの生徒の学校登校許可を決定する場合には、数日間のみ行われる。 −マスクの着用は、生徒及び施設の職員の間においては、強く推奨される。

●衛生措置(頻繁に手を洗う等)は、すべての者にとって引き続き最重要事項である。
●クラス、廊下及び職員室は、常に換気しなければならない。
●可能なら、屋外での活動や授業に変更することが望ましい。
●各学校施設は、感染の温床となる場合の緊急計画を策定しなければならない。

*****************
■■滞在状況アンケート実施中です!お済みでない方はこちらから■■
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd4oPasoBCBkkcmqqKs0VZek94YyQW0jYpdcr1fSJxL_jYfRA/viewform *****************
■■領事メールのバックナンバーはこちらから■■
https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_merumaga.html *****************
■■新型コロナウイルスに関する「風評被害」を受けた方は,こちらまで■■

*****************

【お問い合わせ先】
在ベルギー日本国大使館
住所:Rue Van Maerlant 1, 1040 Bruxelles, Belgique
電話:(02) 513-2340, 500-0580(領事部)
Fax :(02) 513-4633
ホームページ: http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

タイトルとURLをコピーしました